スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大掃除

さて・・・

今、めっちゃ雷なってたけど

大掃除開始いたしますっ


参加中!!2つぽちっとなぷり~ず
↓↓



人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

めっちゃ雪っ

昨日、
今日も雪だが、
積もりそうにないと言っていたが・・・

その後、
年末大掃除や年始に向けての
お買い物をした後、
表に出たら・・・

めっちゃ積もってるやんっ

ゆき1

なんだぁ
このあっという間感(驚っ!!)

すっごい積もってるぅぅぅ

帰れるかなぁ

ゆき2

でもきれい^^*

向こうに見える木なんか、
枯れ木に花が咲いたみたい

とは言うものの・・・
やっぱ危険だっ

ジワジワと
そしてときどき
ツルっとなりながら帰宅して
無事M-1に間に合いました(爆)


参加中!!2つぽちっとなぷり~ず
↓↓



人気ブログランキングへ

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

今日も雪

クリスマスも雪だったが・・・

今日も雪

降っとる、降っとる

どうせなら積もって欲しいなぁ

だけど、
積もりそうにない感じの雪だ

積もった雪を満喫したいなぁ

・・・フフ(^m^)

実は・・・

この冬、スノボに初チャレンジ予定

このワクワク感を抱えて、
明日から年末大掃除
頑張りま~す


参加中!!2つぽちっとなぷり~ず
↓↓



人気ブログランキングへ

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

ハッピー・ホリデー

12月になった時に、
クリスマスケーキは何にしようかなぁと
悩んでおりましたが、

結局
お菓子のいちりゅう
クリスマスモンブランにしちゃいました

クリスマス1

それにしても昨日は
めっちゃ渋滞してて、
何渋滞なん???
なんてイラっとしてたら・・・

なんとっ
ケンタッキーフライドチキン渋滞っ

1車線の対面走行のところだったので、
交通整理の方も
「無理ですからっ」的な立ち居振る舞い(笑)

危うく
講義に間に合わないところだった(爆)

お菓子のいちりゅう
ある意味渋滞っ
当日買いのお客様でにぎわっていた。

私はあらかじめ予約しておいたので
受け取りだけ
サッサと受け取り
ワクワク帰宅^^

先日録画しておいた
「やりすぎコージー」のスペシャルを見ながら、
宇宙人!?マジッスかっ!!?と
都市伝説で盛り上がりながら
クリスマス プチディナーホームパーティー

クリスマス2

とり肉のトマト煮
チーズフォンデュ
スパークリング・ロゼ

で、

締めは・・・

やっぱケーキ

クリスマス3

なに~~
このやわらかさっ(≧▽≦)

クリスマス4

カスタードクリームや~
ケーキの本体がカスタードクリームや~~

クリスマス5

そしてたっぷりのマロ~ン

これマジめっちゃおいし~んですけどっ

「信じるか信じないかは
あなた次第ですっ」(爆)

いや~
ケーキ職人さんに脱帽

それではみなさまも
よいクリスマスを~

ハッピー・ホリデー


参加中!!2つぽちっとなぷり~ず
↓↓



人気ブログランキングへ

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

金女子17 「すべきこと」より目先のクリスマス~

金女子16 称賛に値するのと尊敬に値するのとはどっちが素晴らしい?のつづきを・・・

そして怒涛のフィナーレへ

前回までのあらすじ

「誰かのために私は〇〇する」という行為の背後に
自己満足と自己喪失が隠されているだけでなく、
目的であったはずの「誰か」ですら
私のための手段と化してしまう恐れも隠されていることを
知らされた金女子。
それでも純粋な「誰かのために生きる」が
あるのではないかと食い下がった金女子だったが、
「誰かのために私は〇〇する」という構造では
誰のためにもならないのだと
強くカントに指摘された。

更に、
「誰かのために私は〇〇する」という行為は
「した方がいい」という
よりよいものは何なのかという選択による行為であって、
自分の行為が自分の外の目的に支配されている奴隷状態であり、
それでも称賛に値する場合もあるかもしれないが
尊敬には値しない行為であることを
カントに指摘された。
称賛されればそれでいいじゃないか
と思った金女子だが、
それでも「尊敬に値する自由な私の行為って?」を
考え始めた。

以下、
カントVS金女子仮想対話のつづき

金女子「私がすべきことって何だろう・・・」

カント「・・・」

金女子「話は戻るけど・・・
友人を救うためにウソをつくことって、
カントさんがどう言おうと
私のやるべきことの一つだと思うんですよね」

カント「ウソはつくべきだと言うのですね」

金女子「いや・・・
友人を救うためにはっ
ってとこが大切なの

カント「ウソをつくかどうかは大切なことではない?」

金女子「友人を救うって事に関してはね」

カント「友人を救うべきか、
ウソはつくべきでないかを比べたら、
友人を救うべき方がよりよい選択だということか?」

金女子「まぁ、そういうことです

カント「「すべきこと」とは
比較してどっちがよりすべきかというものではない」

金女子「えっ?」

カント「何度も言うが、
「すべきこと」は「すべきこと」であって、
「した方がいいこと」では決してない」

金女子「うううぅぅ

カント「友人は救った方がいいかもしれないが、
ウソはつくべきでなないのだ」

金女子「ううううぅぅぅ

カント「あなたの人生や
あなたの人間関係において
最も重要なことは・・・」

金女子「お~っと、ついにっ
それを聞きたかったのよっ
重要なことは~(≧▽≦)」

カント「誠実さ

金女子「誠実さ・・・
だったら友人を救うって素晴らしい誠実さじゃん」

カント「その場合に何に対して誠実なのか?」

金女子「友情っ

カント「あなたが、
友情からの行為を正しい行為だと思い、
そしてその行為がはたから見て
どんなに感じのいいものであっても、
それは
「称賛と奨励に値するが、尊敬には値しない」のだ」
↑↑
『人倫の形而上学の基礎づけ』


金女子「まただよ
称賛に値するが尊敬に値しない・・・」

カント「友人のために何かしたいと思い、
何かして満足することを否定するものではない。
それが自分のためであったとしても否定はしない。
ただ、
善いことをしたと思って喜ぶことと、
それ自体で善いことというのは区別されるのだ」

金女子「それ自体で善いこと?」

カント「それが「すべきこと」だ。
そして、
その「すべきこと」に誠実であれ

金女子「「すべきこと」に誠実であれ・・・」

カント「あなたは、
クリスマスに
彼氏いない友達同士で
おしゃれなお店で女子会をする約束をしていた。
彼氏いないもの同士、
めっちゃ楽しもうね~なんて約束をしていた。

クリスマス前日に
以前から大好きだった男子から
「君と一緒にクリスマスを過ごしたい」
と言われたあなたは・・・」

金女子「それ、やばい≧▽≦」

カント「あなたはどうするのか?」

金女子「ウソはつかないよっ
正直に話して
女子会キャンセルする(笑)
多分友達も喜んでくれるしっ」

カント「あなたはウソをついた」

金女子「えっ?」

カント「あなたは友達との約束を守らなかった。
ウソをついたことになる」

金女子「ええっっ^^;」

カント「偽りの約束、
これはまさに「ウソ」だっ」

金女子「だって、約束した時点では
大好きな人から告白されるなんて思ってないじゃん。
だから約束した時点ではウソじゃなかったよ」

カント「「すべきこと」は欲求や損得に左右されるものではないので、
時と場合によって変るなんてことはない。
だから、
女子会をキャンセルすべきではない。

注:金女子16 称賛に値するのと尊敬に値するのとはどっちが素晴らしい?を参照下さい。

しかし、あなたは、
自分の損得を友達との約束より優先させた」

金女子「・・・」

金女子「でも・・・大好きな人が
クリスマスに一緒に過ごしたいって
言ってくれたのよ

カント「だから?」

金女子「私にとってチャンスじゃん(爆)」

カント「友情に誠実になるって言ってたあなたは
どこへ行った?」

金女子「あっ・・・
友達なんだから私のチャンスを喜んでくれると思うっ

カント「「友達なんだから」かぁ・・・
この世でどれだけの人間が
友情や親子愛の名の下で
誰かの道具になっていることだろうか

金女子「それにそれにっ断ったら
彼から嫌われちゃうかもしれないしぃ」

カント「「すべきこと」は
行為の結果に左右されない。
しかし、あなたは、
「友達は喜んでくれるだろう」とか、
「彼の申し出を断ったら・・・」とか・・・
行為の結果を考えている。

何度も言っているように、
行為の結果は必然ではなく偶然である。
友達は喜んでくれないかもしれないし、
彼は別の日に会ってくれるかもしれない」

金女子「・・・ふむ」

カント「それに・・・
あなたが友達との約束があることを告げたにもかかわらず
どうしてもクリスマスじゃないとダメだなんて言う男子は、
あなたと同様、
自分の損得であなたを支配しようとしている」

金女子「私と同様って

カント「あなたは、
男子と会うために友達との約束をキャンセルする。
「〇〇のために~する」という構造は
もうすでに見てきた。
あなたは、
あなたが男子と会いたいという欲求のために
自分の友達をコントロールしている。
あなたが会いたがっている男子も、
この日じゃないとダメと言う場合、
あなたと会いたいという自分の欲求のために
あなたをコントロールしているのだ。

支配し、コントロールするということは・・・
あなたも男子も
相手を手段や道具として扱っているということであり、
つまり、
あなたも男子も、
相手を「尊敬に値するもの」
「自由なもの」
「ビリヤードの球じゃないもの」として扱っていないということだ」

金女子「・・・」

カント「このことに無関心ではいけない
世の中・・・
友情とか愛情とか、
親子愛とか人類愛の名の下で、
どれだけの人間が
手段や道具として扱われ、
コントロールされていることかっ」

金女子「相手であれ、自分であれ・・・
手段や道具として扱ってはならない」

カント「そうだ」

金女子「自分や相手を道具として手段として扱っていないか、
自分の欲求や損得を優先させていないか・・・」

カント「ん?」

金女子「そこから見えてくるのが、
私の「すべきこと」?」

カント「そうだっ
その「すべきこと」があなたなのだ。
その時あなたは
尊敬に値する生を生きることになる。
なぜなら、
あなた自身が自らの道具になることなく、
あなた自身の損得から解き放たれて
自由になるからだ。
あなたが思う「すべきこと」が
果たして本当に「すべきこと」なのか吟味せよ」

金女子「じゃぁ・・・
彼には女子会があることを伝えて、
別の日に会えないか言う
で、日にちを調整して・・・
でもっ!!
日にちが合わなかったらどうしよ~

カント「誰だって自分の都合がある。
しかし、本来、
相手の自由より自分の損得の方が優先されるってことはあってはならない。
逆に、自分の自由より相手の損得の方が優先されるってことはあってはならない。

私もあなたも、
誰もが自由であり、
それゆえ尊敬に値する。

もしあなたが自分の自由を捨て去る場合、
相手の都合・損得に合わせる場合、
それがいくらよりよい選択だったとしても、
それは称賛に値するかもしれないが、
尊敬には値しない。

その後、
「自分ばっかり相手に合わせてるっ」と
相手に不満をぶつけても無駄だ。
そういう関係をあなたが望んだのだ。
奴隷になるのはあなたの選択だったはずだ。」

金女子「じゃぁ・・・
友人を救うためにウソをつくってのは・・・
えっと・・・
ん?
そもそも何でウソついちゃいけなかったんだっけ?」

カント「ウソをつく行為は、
自分の損得を優先させる行為であり、
ウソをつくことによって
相手を尊敬に値する自由な存在としてではなく、
自分の損得のための手段や道具として扱うことになるからっ」

金女子「そかそか^^;
で、だから、
ん・・・でもやっぱ
ウソついちゃうかも

カント「あなたは「した方がいいこと」を選択したのであり、
その選択はあなたの選択だ。
もちろんその選択は
損得・自己満足・他人からの称賛などの
さまざまな条件によって縛られた
自由のないものではあるが、
それでもあなたの選択だ。
しかし、
忘れてはならないのは、
それは「すべきではなかったこと」だった
ということだ。

あなたは「した方がいいこと」をしたのであって、
「すべきこと」をしたのではない。
それは「正しいこと」でも「善いこと」でもなく、
「した方がいいこと」なのだ」

金女子「友人を救うべきではなく、
救った方がいいという
私の選択・・・」

カント「友人を救いたい、
その思いを否定はしない。
私も友人を救うためにとウソをつくかもしれない。
でも、
善いことをしたわけでもなく、
正しいことをしたわけでもないのだ。

困っている人のために募金して
私は善いことをしたと満足する。
よくある光景だ。
困っている人のために募金することを
否定はしない。
私も募金するだろう。
でも、善いことをしたのではない。
それが本当に善いことならば、
あらゆる募金に無条件に参加するべきだろう」

金女子「無条件に・・・」

カント「再び
マザー・テレサに話は戻る」

注:金女子14 何かするのに理由がいるのか?を参照下さい。

金女子「ハァー

カント「「すべきこと」に誠実になるとは、
ある意味強い意志を必要とする。
その自分の「すべきこと」を貫く
強い意志だ」

金女子「それが無理っ」

カント「自由に生きるとは、
好き勝手にスキップしながら生きることを意味しない。
「すべきこと」に誠実に生きることを意味し、
意志の強さが試される」

金女子「自由の考えが、
カントさんと私とでは違うのね」

カント「自由とは
あなたが他人や自分の奴隷になっていないということだ。
私たちは人間であって奴隷ではない。

子どものために、
親のために、
あなたのために、
国家のために、
自分のために・・・

幼児虐待や高齢者虐待の問題、
自殺の問題、
安楽死や尊厳死の問題、
雇用の問題、
人間関係の問題、
国家間の問題・・・

あなたが意識しようがしまいが
どれもこれもあなたに関係している問題だ。

そして、
どれも「人間の尊厳」、
すなわち
「自由に生きること」と関わっている。
今こそ考えるのだっ」

金女子「ふむ・・・
まぁ、とりあえず
目先のクリスマスやな(爆)
サンタ追跡しよ~っと

ー完ー

長かった・・・
絶対にやめられない戦いが
そこにはあった(爆)


参加中!!2つぽちっとなぷり~ず
↓↓



人気ブログランキングへ

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

金女子16 称賛に値するのと尊敬に値するのとはどっちが素晴らしい?

金女子15 すべきことをするのつづきを・・・

前回までのあらすじ

「誰かのために私は〇〇する」という行為の背後に
自己満足と自己喪失が隠されているだけでなく、
目的であったはずの「誰か」ですら
私のための手段と化してしまう恐れも隠されていることを
知らされた金女子。
それでも純粋な「誰かのために生きる」が
あるのではないかと食い下がった金女子だったが、
「誰かのために私は〇〇する」という構造では
誰のためにもならないのだと
強くカントに指摘され、
しぶしぶ「じゃぁ、私のすべきことは何なのか?」を
考え始めた。

以下、
カントVS金女子仮想対話のつづき

金女子「・・・っていうか、
だいたいさぁ
すべきことって一つなの?
状況や場合によって
すべきことって変わるような気がするんだけど?」

カント「あなたはそもそも
「すべきこと」と「した方がいいこと」を
混同しているようだ」

金女子「え?」

カント「自分の行為の結果を考えて、
状況や場合によって自分の行為を選択する。
それは「した方がいいこと」だ」

金女子「ん・・・
っていうか、たいがいの行為がそうじゃん?」

カント「私たちは日常生活の中で
いろんな選択をし、判断を下している。
朝風呂にすべきか夜風呂にすべきかとか・・・
ウソをつくべきかウソはつかないべきかとか・・・

朝風呂か夜風呂かは
行為の結果を考えた選択であり、
状況や場面によって「朝風呂にした方がいい」こともあれば
「夜風呂にした方がいい」こともある。

しかし、
ウソをつくべきか、つくべきでないかは
そういった選択とは全く異なる」

金女子「だからぁ
そこんところが
イマイチ分かんないのよね^^;」

カント「・・・
あなたは朝風呂派か?」

金女子「えっ?
・・・朝風呂派です

カント「朝風呂にする目的・理由は何か?」

金女子「朝入った方が目覚めるから」

カント「目覚める目的・理由は何か?」

金女子「朝ちゃんと目覚めないと
授業に身が入らない(笑)」

カント「授業に身を入れる目的・理由は何か?」

金女子「単位取らなきゃならないから」

カント「単位を取る目的・理由は何か?」

金女子「・・・卒業しなきゃならないから」

カント「卒業する目的・理由は何か?」

金女子「いいところに就職して、
いいお給料もらって、
有給とって海外旅行行って・・・」

カント「自分の欲求や欲望をみたすため。
要は、自分の利益のため」

金女子「それが悪いの?」

カント「あなたの行為は
あなたの欲求や欲望を満たす手段・道具となる」

金女子「でも、自分の行為が
自分の欲求を満たす手段となって
なんで悪いの?」

カント「あなたが
欲求や欲望の奴隷になることに同意することは、
あなたが
人間であることを放棄することと同一である」

金女子「ええええっ
なんか・・・
話がだんだん大げさになってますけど

カント「あなたの人生はあなたが創り出す物語りだ。
それはあなたそのものであり、
それ自身として素晴らしく、
輝く宝石のようなものだ」

金女子「私の人生・・・
私そのもの・・・
素晴らしく・・・
輝く宝石」

カント「素晴らしいあなたの人生は
目的そのものであって、
決して他の誰かの人生の単なる道具などではない

金女子「「私」は目的そのもの・・・
でも、私が私の道具になるのはいいんじゃないの?」

カント「あなたは、
自分が自分の欲望や欲求を満たす道具にってもいいと言うが、
しかし、あなたの欲望や欲求は
あなた自身だろうか?
有給とって海外旅行に行きたいという目的は
あなた自身だろうか?」

金女子「私自身だと思ってますが何か?」

カント「自分自身が目的になっているのか
自分の外に目的があるのかよく考えなければならない。
あなたが自分の欲求や欲望だと思っているものは
多くが自分の外からやって来ている。
マスコミによって作られたものや、
世間によって作られたもの、
教育やしつけの名の下に形成されたもの。
あなたは、
あたかもそれが自分自身だと錯覚している」

金女子「さ、錯覚してるってどうやって分かるの?

カント「あなたの発言は、
常に自分の外に目的を置いているではないかっ」

金女子「え?」

カント「なぜ?何のために?
目的は?理由は?と問えば、
「~だから」「~のため」と答えているではないか」

金女子「・・・

カント「「○○のために~する」という構造は、
自分の外に目的をもつということだ。
あなたが、
自分の外の目的のための手段・道具となっているということだ。
誰かのためだろうが、
自分の欲求や欲望のためだろうが、
しかもそのことをあなた自身が同意していようが
あなたは自分の外にある目的の奴隷となっているのだ。
そこに自由はない
自分では自由だと思っていても
奴隷なのだ。

しかし、本来、
あなたはあなたの素晴らしい人生の物語を
あなた自身でつむぐ主人であるはずだ。
あなたは自由であるはずだ。

あなたがあなた自身で自分の人生をつむぐことを
放棄したら、
それは自由のない奴隷の生き方であり、
そこに人間の尊厳なんかない」
↑↑
注:これがいわゆる「人権」ってヤツ。

金女子「やっぱ大げさななんですけど・・・」

カント「よくビリヤードの球と対比される。
ビリヤードの球は行為の結果を考えて突かれる。
目的は球の外にあるのだ。

あなたという球が
番号順に目的に当たって
目的をポケットに落としていく。
最終的に9番のボールという目的を落として
勝利したとしても、
それはすっご~いって称賛されるかもしれないけど、
尊厳のある生ではない

あなたが「友人を救うためにウソをつく」場合、
あなたという球が友人を救うという目的に当たったとして、
それは褒められ、
場合によっては
「した方がよい」とすすめられる行為かもしれない。
しかし、尊敬に値する行為ではない。

なぜならばビリヤードの球には
自由がないからだ」

金女子「称賛に値するが尊敬には値しない・・・」

カント「尊敬に値する尊厳のある生とは、
自由に生きるということだ。
自由に選択するということだ。

しかしそれは行為の結果を考えて選択することではない。
そもそも行為と行為の結果の間には因果関係はない。
↑↑
金女子13 誰かのために生きるということを参照ください。

損得を考え、快不快を考えて選択することでもない。
損得や快不快は状況や場合によって変わるものであり、
自分の外にある目的である。

自由に行為するとは、
自分の外にある目的を達成するために
「した方がいい」ことを選択することではないのだ」

金女子「じゃあ、「した方がいい」ことを
選択しちゃいけないの?」

カント「「~しちゃいけないの?」「~したらダメなの?」
っていう言い方を
あなたはよく使うが・・・」

金女子「えっ?ダメなの(爆)?」

カント「選択はあなた自身がするのだ」

金女子「私が?」

カント「あなたは自由だ」

金女子「でも、「〇〇のために~する」っていう選択は
しちゃダメなんでしょ?」

カント「「〇〇のために~する」という構造は
本来目的そのものの存在を手段にしてしまう。
本来自由である存在を奴隷にしてしまう。
場合によっては称賛されることかもしれないが、
尊敬には値しない」

金女子「だから・・・
しちゃダメ?」

カント「するかしないかはあなたが決めることだ」

金女子「私が決めること」

カント「行為の結果を考えて選択せよという
功利主義者J.S.ミルですら
「その人の人間としての価値は・・・」
を考え、
「本当に重要なのは、人が何をするかだけではない。
それをする人がどんな人間であるかも重要なのだ」と指摘している。」


金女子「私がどんな人間か・・・」

カント「あなたは生きてる間
様々な選択をする。
その選択には
あなたがどんな人間かが隠されているのだ」

金女子「私は・・・
でも・・・
やっぱ褒められたいかなっ(≧▽≦;)

いや~^^;
なんかちょっと分かってきたような気がする

でもやっぱ自分の「すべきこと」が何なのかは
分かんない
「した方がいいこと」とは違うわけでしょ?
で、奴隷になってなくて
尊敬に値するんすよね?

私がすべきことって何だろう・・・」

申し訳ありませんが・・・
つづく(爆)


参加中!!2つぽちっとなぷり~ず
↓↓



人気ブログランキングへ

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

マックが宅配イィィィ!!!!(゚ロ゚ノ)ノ

配達10分圏内で
配達料無料

ええっ

BIGMAC¥200(≧▽≦)
届けてもらえるの~

と、
ちょっと興奮してたら・・・

1500円以上から・・・

うっ
BIGMAC7個とドリンクと・・・
ん・・・^^;無理やなっ

その上、
都内で試験的にとのこと・・・

まったく無理やなっ(爆)
↑↑
福岡在住^^;

しかし、
宅配で気になるのはポテト

宅配でも
けっこうサクサクらしいけど・・・
一歩間違えたら
残念なことになっとるなんてこと
無きにしも非ず

今後24時間宅配を目指すらしい

深夜帯狙って
お客の層を更に増やそうってことかな。

ただ、1500円以上からだから・・・
1人暮らしの1人食べじゃぁ
注文できないなぁ

仲間とマックの時か・・・
ファミリーの晩ご飯!!??
マックが食卓にって・・・
個人的にはイマイチ想像できない

それにしても・・・
マックって確か業績いいんだよね。
なのにどえらいチャレンジ

恐るべしマック


参加中!!2つぽちっとなぷり~ず
↓↓



人気ブログランキングへ

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

完全復活!?

ようやくっ(≧▽≦)

再検査の結果、
マイコプラズマ肺炎・・・
良くなりました

このマイコプラズマ間、
心配し、応援してくださったみなさまに
感謝

弱ってるときに
支えてもらってる感を得られるのって
うれしいものです

が・・・

医師「免疫が低下しているので
人ごみに出るときはマスクしてください。
他から移ったり、
再発したりする可能性はありますよっ

ということで、
現在、マスク装着講義実施中(笑)

息苦しぃ~~っす


参加中!!2つぽちっとなぷり~ず
↓↓



人気ブログランキングへ

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

マイコプラズマ肺炎

ここのところ咳が止まらず、
だんだんおっさんのような声になってきたので
ついに病院へ

血液検査、尿検査
レントゲン・・・

ちょっと行って、
咳止めでももらえればと
簡単に思っていたよろこだが・・・

どえらく検査され、
結果、
最近流行気味のマイコプラズマ肺炎と判明

判明した途端、
即看護師さんから
マスクされ・・・

ただいま自宅療養中

咳が落ち着きましたら
記事アップ&コメント
及びコメントへの返信をさせていただきます。

連載中の金女子はしばらくお待ちください(笑)


参加中!!2つぽちっとなぷり~ず
↓↓



人気ブログランキングへ

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

金女子15 すべきことをする

金女子14 何かするのに理由がいるのか?のつづきを・・・

前回までのあらすじ

「誰かのために私は〇〇する」という行為の背後に
自己満足と自己喪失が隠されているだけでなく、
目的であったはずの「誰か」ですら
私のための手段と化してしまう恐れを
カントに指摘された金女子は、
それでも純粋な「誰かのために生きる」が
あるのではないかと食い下がる。

以下、
カントVS金女子仮想対話のつづき

金女子「純粋に誰かのためにって生き方
あると思うのよねっ
私はあると信じたいっ

カント「親が子どものためにと
暴力を振るう」

金女子「それは子どものためじゃないっ
子どものためって言いながら
自分勝手な親だよ」

カント「親が
純粋に子どものためと思い
暴力を振るう行為は認められないのか?」

金女子「暴力は純粋に子どもためなんかじゃないよ
子どものためっていうことで
暴力が正当化されてるっ

カント「あなたは忘れたのか?
以前こういう話をした。

>カント「目的のためなら
>あらゆる手段が可能だというのか?」
>
>金女子「・・・友人が救われるんだったら
>いろんな手を尽くすってアリなんじゃない」
注:金女子13 誰かのために生きるということを参照ください。

覚えているのだろうか?」

金女子「あっ・・・思い出した
でも、でもっ
要は、
何がほんとに子供のためかっことでしょっ」

カント「では、
何が本当に子供のためなのか?」

金女子「それは・・・
それは
一言では言えませんっ
だって、子どもの一人ひとりで
何がその子のためかが違うもんっ」

カント「子ども一人ひとりに応じて
親の行為が変わるというのか?」

金女子「そりゃそうでしょ~」

カント「子ども一人ひとりの
「その子のため」は
どうやって知るのか?」

金女子「ん?
それは・・・
子どもをよく観察して・・・
その子に何が必要かを見つけて知る」

カント「その子の必要を知って
親はどうするのか?」

金女子「その子の必要に応じた・・・
行為をする・・・ハッ
でもっ
子どものためなんだから
親は子どもの手段や道具になってもいいじゃんっ」

カント「子どもの必要が、
必然からくる必要か気まぐれからくる必要かは
どうやって知ることができるのか?」

金女子「っていうかマジうっとうしくなってきたっ
それは・・・
それは親だったら分かるんじゃないの?」

カント「親が
子どもの必要を見極めるのか?」

金女子「それ以外にどんな方法があるのよっ」

カント「その子の必要を見極めるとき、
親の思い込みや、偏見、期待、気分や気まぐれを
どうやって排除するのか?」

金女子「・・・人間だもの(相田みつお風)
排除は無理よ。
でも、
親なんだから期待したりするし・・・
それはそれで・・・アリかと・・・」

カント「親が自分の期待を充たすために
子どもを利用するってことがあるということだろうか?」

金女子「そういう言い方は・・・」

カント「親が子どものために何かするという構造では、
親は子どもの必要に応じて道具となり、
子どもは親のエゴを満たす道具となるのだ」

金女子「じゃぁ・・・
親が子どものために生きるってのは
やっぱダメなことなの(グッタリ)?」

カント「だから・・・
何度も言っているような気もするが・・・
誰かのために生きるという構造では
誰のためにもならないということだ」

金女子「じゃぁ
いったいどうすればいいってのよぉ

カント「あなたのするべきことをするのだ」

金女子「私のするべきことって何なのよぉ(激白っ)」

カント「・・・あなたは
本当に自分のすべきことが分からないのか?」

金女子「・・・」

カント「あなたは自分が何者かが分からない。
これがまさに“誰かのために~する”という連鎖の中に生きる
人間の姿だ。
こんなところで見られるなんて」

金女子「ふんっ
・・・っていうか、
だいたいさぁ
すべきことって一つなの?
状況や場合によって
すべきことって変わるような気がするんだけど?」

つづく・・・

ええっ
まだ続くの~
↑↑
自分で思ってた以上に長編になっとる


参加中!!2つぽちっとなぷり~ず
↓↓



人気ブログランキングへ

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

金女子14 何かするのに理由がいるのか?

金女子13 誰かのために生きるということのつづきを・・・

前回までのあらすじ

「誰かのために私は○○する」という行為の背後に
自己満足と自己喪失が隠されていることを
カントに指摘された金女子は、
「じゃぁ、
誰かのために生きちゃダメなの?」
と素朴な疑問にとらわれる。

以下、
カントVS金女子仮想対話のつづき

金女子「・・・
じゃぁ、
誰かのために生きちゃダメだっていうの・・・?」

カント「誰かのために生きるという構造では、
誰のためにもならないということだ」

金女子「ん?
私が誰かのために生きるって、
実は誰かのためになりたいっていう
私の自己満足で・・・
しかも私がその誰かの道具になっちゃってて
虚し~ってことよね?
でも、少なくともその誰かのためにはなってるんじゃない?」

カント「あなたがウソをつくことで
友人は必ず助かるのだろうか?」

金女子「あっ・・・ソウダッタ

カント「しかも、
誰かのためになりたい、
誰かのためになったと思いたいあなたは、
そのためにその誰かを利用しているともいえる」

金女子「誰かを利用って

カント「覚えているだろうか、
あなたは以前こう言った。

>金女子「だって必要とされないのってイヤじゃん
私じゃないとダメって思われたいもん」

誰かに必要とされてないと
自分の存在に意味を見出せない。
逆に言えば、
自分が存在するために
あなたには誰かが必要なのだ」

金女子「言い方が難しすぎるんですけど・・・」

カント「要は、
誰かのためにと言いながら、
あなたはその誰かを自分を満たすための道具として使ってるのだ。
友人を救うためにと言いながら、
あなたはその友人を自己満足のための道具として利用しているのだ」

金女子「そんなことはないよっ

カント「他人のためにと言いながら
他人のために何かする自分に満足する。
しかも、その時あなたは
他人が望むあなたになる。
本当のあなたはどこにいるのだ。
虚しい限りだ。
でも、
その虚しさを見ないために
あなたには
自分を必要としてくれる
他人が必要なのだ。
だから結局、
他人が本当に救われるのかどうかは
あなたにとってどうでもいいことなんだ。
もっと言えば、
あなたの虚しさを充たしてくれる人なら
誰でもいいのだ。
あなたの虚しさを充たしてくれる手段なら
何だっていいのだ」

金女子「ほんとマジムカつくんだけど
でも・・・
ボランティアとかは?
あれって困っている人のために何かするやん。
ボランティアはいいことなんじゃないの?」

カント「マザー・テレサは
いいことしたくて困った人のもとに行ったのか?」

金女子「マザー・テレサって・・・
カントと同時代の人じゃないんですけどっ

カント「マザー・テレサは
困っている人のために生きたのか?」

金女子「え?違うの?」

カント「彼女は、
こう言った、
“私の使命は一人ひとりに個人として使え、
一人ひとりを人間として愛することだと思っています”」

金女子「ん?」

カント「マザー・テレサに、
何のためにそれをしているのか?
と問えば、
彼女はきっと
“何のためにとかじゃなく、
そうすべきだからそうしているのです”
と答えただろう。
“それが私の使命だから”と答えただろう」

金女子「困ってる人のために何かすることが
彼女の使命だっていうんじゃないの?」

カント「“人を愛するべきだ”ということが
彼女の使命だ。
だから、
相手が困っていようがいまいが
そんなことは関係ない。

理由なんかいらない。

人を愛するべきだから愛するのだ。

ましてや、
時と場合によっては
愛したり愛さなかったりするなんてことはない。
常にただ人を愛するべきだから愛する、
それが彼女なのだ」

金女子「愛するべきだから愛する・・・
それが彼女・・・」

カント「愛するべきだから愛する、
それが彼女、マザー・テレサだ。
あなたはどうか?」

金女子「私は・・・
っていうか無理でしょ(笑)
誰もマザー・テレサになれっこないっしょ」

カント「マザー・テレサは特別な人間なのか?」

金女子「そうでしょう(笑)」

カント「ウソはつくべきだろうか」

金女子「え?・・・
ウソはつくべきじゃないとは思うけど・・・」

カント「ウソはつくべきではないからウソをつかない。
そのあなたの意志が、あなたなのだ。」

金女子「ウソはつくべきじゃないからウソをつかない・・・
無理っす(爆)」

カント「なぜ?」

金女子「だって・・・」

カント「だって?」

金女子「だって・・・
結局、
みんなそんなマザー・テレサみたいに
強くはないよっ

カント「そうすべきだからそうするという意志は、
行為の結果を考えない。
幸せになるためにとか、
あの人のためにとか、
考えない。
それに、
そもそもあなたがそうしたからといって
必ずあなたが幸せになるとは限らないし、
必ずあの人のためになるとは限らない」

金女子「それはもう分かったよ
何度も聞いたよ^^;
分かったけど・・・
でも、でも、
例えば、子どものためにとか、
親のためにってのはどうよ?
これもダメ?」

カント「○○のために~するという構造が
どういうものか
これまでずっと見てきたはずだが」

金女子「誰かのためと言いつつも、
結局自分のためって・・・
そりゃそうかもしれないけど、
自己満足ではなく、
純粋に誰かのためにって生き方
あると思うのよねっ
私はあると信じたいっ

つづく・・・


参加中!!2つぽちっとなぷり~ず
↓↓



人気ブログランキングへ

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

金女子13 誰かのために生きるということ

先週の講義の後、
金曜日の女子たちの中から、

「おもしろかった」
「興味深かった」
「難しかったけど深かった」

などの声をいただいた(笑)

扱ったのはドイツの思想家カント(1724-1804)



『人間愛からなら嘘をついてもよいという誤った権利について』
という著作の中で、
カントは、
「われわれの友人を人殺しが追いかけてきて、
友人が家の中に逃げ込まなかったかとわれわれに尋ねた場合、
この人殺しに嘘をつくことは罪であろう」
と言う。

ちなみに、
「友達を救うためにウソをつく」ことって許される?
という質問に、
9割近くの学生さんが
「許される」と答えた。

「それで友人が助かるんだから」
という理由が圧倒的だった。

以下、
カントVS金女子仮想対話(笑)

カント「でも・・・
あなたがウソをついたら・・・
友人は必ず救われるのだろうか?」

金女子「そう言われると、
確かに必ず救われるとはいえないけど・・・
それでもやっぱり友人を救いたいやんっ

カント「そもそもウソをつくことは善いことだろうか?」

金女子「え?
善いことではないかもしれないけど・・・
時と場合によっては善いことにもなるんじゃない。
ウソも方便っていうし^^;」

カント「善いことや悪いことは
時と場合によって変わるものだろうか?」

金女子「・・・うん、
時と場合によって変わると思う」

カント「友人を救うという場合では、
ウソをつくことは善いことなのだろうか?」

金女子「友人を救うためなんだから
善いことでしょ^^」

カント「目的のためには
どんな手段でも正当化されるというのか?」

金女子「そういう言い方されると
感じ悪いんだけど・・・」

カント「目的のためなら
あらゆる手段が可能だというのか?」

金女子「・・・友人が救われるんだったら
いろんな手を尽くすってアリなんじゃない」

カント「あなたがウソをつくということで、
友人は必ず救われるのだろうか?」

金女子「だからっ
必ずとは言えないけどさぁ・・・
じゃぁ、なに?
ウソはついちゃいけないし、
ウソついたとしても
友人を救えるとは限らないから
本当のことを言えっていうの??」

カント「なぜ、真実を語ることをはばかるのか?」

金女子「・・・
だって、本当のこと言って冷たい人間って思われたくないもん」

カント「あなたは、
他人に冷たい人間だと思われたくなくて
ウソをつくのか?」

金女子「う・・・
それもあるけど、
それだけじゃなくて、
私は友人を救いたいからウソをつくのっ。」

カント「あなたがウソをついたら
友人は必ず救われるのだろうか?」

金女子「また~
確かにっ!
必ず救われるとは言えませんっ!
でも、
私は友人のためにウソをつきますっ!!」

カント「あなたは
誰かのために生きているのか?」

金女子「大げさなんですけど^^;
でも・・・
誰かのために何かするのって
善いことなんじゃないの?
誰かのために生きるって
素敵やん^^*」

カント「あなたは
他人(目的)のための手段や道具なのか?」

金女子「道具って・・・
相変わらず感じ悪いんだけど

カント「目的のためには、
あらゆる手段や道具が可能だと
あなたは言った」

金女子「そんな感じ悪い風には言ってませんが

カント「手段としての道具が
目的達成のために適さない場合や
目的達成された場合は、
交換されたり、捨てられたりするだろうか?」

金女子「そう・・・
使われなくなるよね・・・」

カント「誰かにとっての手段や道具としてのあなたが
誰かの目的達成のため必要なくなった場合、
あなたは捨てられ、交換されるのだろうか?」

金女子「やっぱそうきたか
捨てられ、交換されないように努力しますっ」

カント「努力して
他人の必要に適った道具になるというのかっ!?」

金女子「だって必要とされないのってイヤじゃん
私じゃないとダメって思われたいもん」

カント「ということは・・・
あなたは、友人を救うためではなく、
この私が友人を救った、
あるいは救おうとしたという満足感を
得たいためにウソをつくというのか?
友人に必要だと思ってもらいたいから
ウソをつくというのか?」

金女子「・・・でも、
私だけじゃなくて
みんなそうなんじゃないのっ!」

カント「誰かのために生きるとき、
あなたは注意深くならなければならない。

「私は~のために○○する」
という構造は、
「私」の行為を、「私」の存在を、
目的のための手段にしてしまう。

手段は目的達成の道具であり、
道具はあらゆる道具が可能だ。

そして・・・
道具は使えなくなったらサヨナラだ。

誰かの道具として生きるあなたは、
使えなくなるとサヨナラされる。

覚悟することだ。

それから・・・

誰かのために生きることで
自分を満たしていたあなたは、
その誰かがいなくなれば
虚しいだけだ。

自分が虚しい存在だなんて思いたくないあなたは、
だからまた必死で誰かの道具として生きようとする。

あなたのために・・・
あなたの役に立ちたくて・・・
という連鎖の中で
自分を見つけた気になって安心する。

しかし、
いつの日か自分に問いかけることになるだろう。

私はいったいあなたの何なの!?

自分で他人の道具として生きていながら、
他人の道具であることに気づくのが怖くなる。

誰かのためになりたいあなたは、
その誰かの望む通りの道具になろうとした。
そのあなたが
「私はあなたの何なの?」
と叫ぶ。

誰の道具でもなくなったあなたは

私はいったい何なんだ!?
私は何をしてるんだっ!!

と叫ぶ。

なんと虚しいことか」

金女子「・・・
じゃぁ、
誰かのために生きちゃダメだっていうの・・・?」

つづく・・・


参加中!!2つぽちっとなぷり~ず
↓↓



人気ブログランキングへ

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

12月になった

なんだか気ぜわしくしておりまして
記事をアップできずにおりました。

そんな中、
応援いただいたみなさまに
感謝っ

で・・・
気づけばもう12月じゃないですかっ!!

街はクリスマス気分になってて、
つられてわくわくして
購入っ(笑)
↓↓
tree3

フェルトのクリスマスツリー
これ、
クリスマスカードとしてのものだったんだけど、
かわいいからお家で飾ることに
決定(*^^*)

今、このちびっこツリーが
クリスマス気分を盛り上げてくれている

クリスマス気分といえば・・・

クリスマスケ~キ

以前アップルパイとスィートポテトで紹介した
お菓子のいちりゅうのクリスマスケーキをチェックっ

cake1

こういうのって
超わくわくする(笑)

cake2
↑↑
マカロンが~^^
それにサンタさんが
かわいい~~
これいいかも

でも・・・
これがかわいい~~かも
↓↓
cake3

と、
かわいさで選ぼうとしている私を
お許しください(爆)


参加中!!2つぽちっとなぷり~ず
↓↓



人気ブログランキングへ

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

プロフィール

よろこ

Author:よろこ
世の中けっこうおもしろい。

最新記事
カレンダー
11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
今日晴れるといいなぁ
ありがと~カウント中
最新コメント
最新トラックバック
記事に関係のないトラックバックは削除させていただく場合がありますのでご了承ください。
月別アーカイブ
カテゴリ
グリムス~苗木植えました~
ああ!! また成長してる! 写真とっとこ! いっしょに育てて成長を見守ろう!!大きくなったら植樹される・・・そしたらグーグルマップで見に行こう!
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

悪魔の予言^^;
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。